TOP > 沢山保湿しているのにツッパリ感が抜けない! > きちんと保湿をさせる為には

きちんと保湿をさせる為には

肌の奥底まで、きちんと保湿をさせる為には

①洗顔後や入浴後、即座にタップリ化粧水
肌の水分が乾ききらないうちに、保湿をしてあげなくてはいけません。洗顔後や入浴後は、すぐに化粧水を付けるようにしましょう。

②保湿成分の高い成分配合の物を使う
セラミドは、肌の奥底の保湿の土台のような存在。
その土台は、年齢を増す毎にどんどん減ってしまいます。
補うために、セラミド配合の保湿化粧品を使うと良いでしょう。
肌の奥からうるおうようになり、シワ等の乾燥肌トラブルを減らしてくれます。

③クリームや乳液は必ず付ける
惜しみない保湿の後には、乳液やクリームで肌に蓋をしてあげましょう。
化粧水が落ち着いてきたら、その上から乳液やクリームを付けます。
肌の保湿を高めたい場合は、乳液よりクリームを使う事をオススメします。
付け過ぎるとベタベタになってしまうので、薄っすら肌に膜が出来る程度で十分です。