保湿化粧品 TOP >  保湿の悩みを解消します! >  かゆみ肌なんとかしたい!

かゆくてどうしようもない肌を、スキンケアで改善したい!

ここ1年位、かゆみ肌が酷くなってきて、とても困っています。
メイクをすると、なおさら肌がかゆくなり、メイクをするのにも嫌気を差してきました。
敏感肌用のスキンケアを使ったり、皮膚科のお薬を塗ったりしています。
そこで、肌を根本的に治したいと思い、スキンケア選びを再検討しています。

肌のかゆみを軽くする為には、どんなスキンケアを使うと良いのでしょうか。
肌が乾燥しやすいので、肌にしっとり感があまりありません。
保湿化粧品なんかが、効果があるのでしょうか。
肌を乾燥させないスキンケアに転換しましょう

肌のかゆみが出ているという事は、

①肌の体力が低下している証拠
普通の人にはある皮脂膜が、恐らく上手く作られていない肌環境になっています。一般的にいう、バリア機能が低下している肌になっている事が原因と言えます。バリア機能を高めると、肌のかゆみは軽くなっていきます。

②肌の保湿力が著しく低い
肌の保湿力が低いと。バリア機能は一向に挙がっていきません。しっかり保湿する事です。肌のかゆみが出る時は、保湿をする事で軽減させる事が出来ます。

③体の冷え
体が冷えていると、少し温まっただけで、かゆみを急激に引き起こしてしまいます。常に体が温まっていると、それらのかゆみを引き起こす事がありません。

肌のかゆみを引き出さない為には

①肌の保水に力を入れる
肌体力を高める為には、肌の保湿力を上げる事です。
保湿化粧品を活用し、肌の奥底からうるおう肌にし、持続させましょう。
その為には、化粧品を3度に分けて肌に与え、しっかりと潤う肌にし、最後に乳液やクリームできちんと蓋をしてあげましょう。

②体を冷やさない
シャワーより湯船、冷たい食べ物よりも暖かい食べ物など、体をなるべく冷やさないようにすると、肌のかゆみを感じる頻度が少なくなっていきます。
体が温まると免疫もあがるので、肌がかゆみ難い体に作り上げる事が出来ます。

③化繊類を着用しない
かゆみ肌は、近くに反応してしまう衣服の繊維があるだけで、反応してしまいます。
化繊類は、かゆみ肌には特に禁物です。
化繊類は避け、肌に優しい素材で作られている衣類を着用するようにしましょう。


保湿で困った!そんな時見たいマル秘情報♪