保湿化粧品 トップ >  > 乾燥肌は洗顔方法を見直せば改善出来る!乾燥肌洗顔方法ポイント

乾燥肌は洗顔方法を見直せば改善出来る!乾燥肌洗顔方法ポイント

乾燥肌にしてしまう洗顔とは
乾燥肌にしてしまう洗顔とは
洗顔をすると、少なからず皮脂膜や角質層の細胞間脂質、天然保湿因子を洗い流してしまいます。
一般的な正しい洗顔方法をしても洗い流してしまうのですが、過度に洗ったり肌に負担がかかる洗い方をしてしまうと、より一層皮脂膜や角質層の細胞間脂質、天然保湿因子を洗い流し過ぎてしまいます。

洗顔に大切なのは、どれだけ皮脂膜や角質層の細胞間脂質、天然保湿因子を洗い流さずに済むか、がカギとなります。
これらは、元気な肌で居る為に大切な成分であるので、いかに肌に残すか、いかに肌に存在させていくかが、洗顔のコツとなります。

肌にダメージを与えない、洗顔をしましょう。

乾燥肌の洗顔のポイント

洗顔によって流れて失ってしまう皮脂膜や角質層の細胞間脂質、天然保湿因子は、寝ている間に修復されます。
よって、夜の洗顔で失われたそれらの成分は、寝ている時にしっかりと修復してくれるので、肌に負担がかかる洗顔料での洗顔は、夜に適していると言えます。

朝に洗顔料を使って洗顔すると、寝ているうちに回復した皮脂膜や角質層の細胞間脂質、天然保湿因子を、また洗い流してしまいます。
夜は、それらを修復してくれるので良いですが、朝は修復してくれる時間が無いので、修復無しで日中を過ごす事になってしまいます。
肌を無防備なままで外気にさらすので、肌の乾燥を進ませてしまいます。

乾燥肌が気になる場合は、朝はぬるま湯洗顔で止めるようにし、朝に洗顔料を使った洗顔は控えるようにしましょう。

乾燥肌にオススメの洗顔料とは

乾燥肌にオススメの洗顔料は、ルナメアACファイバーフォームです。
毛穴の詰まりを優しくケアして毛穴を綺麗にし、集中保湿。
4種類の植物エキス配合で、潤いを残しながらクレイが余分な皮脂を絡み取って綺麗に洗い上げてくれます。

もちもちとした細かい泡で、しっかりと洗い上げるので、肌負担も無く優しい洗顔料。
スクラブという名称ですが、糸状の繊維のファイバースクラブなので、肌に余計な負担が掛らず、優しく包み込むように肌に馴染みます。
キュッキュッと肌が綺麗になり、つっるっつるの洗い上がりになります。
毛穴が一層されるので、大人ニキビに効果的です。

健やかでうるおいのある素肌へと整えてくれ、肌が綺麗になったのが解るほどです。

乾燥肌の洗顔は、とにかく肌負担を与えない

肌に摩擦を与える事は、絶対してはいけない事です。
健康な肌にも絶対してはいけない事なので、肌トラブルが起きている乾燥肌には尚更してはいけない事です。
洗顔は、極力肌負担を与えない方法を考えて行いましょう。

洗顔料は、細かく泡立ててモッコモコになるようにしましょう。
細かければ細かい程肌負担が無く、肌の汚れを綺麗に吸着してくれます。
細かい泡はクッション性があるので、洗顔時に指先を肌に当てないようにする事が出来るので、とても理想的です。

1番油分が多そうな部分から、洗顔をしていきましょう。
Tゾーン等は、顔の中で1番と言っていいほど油分が多い場所なので、先に洗うようにしましょう。

洗顔料は、思いのほか洗浄力が強いので、肌に、大きな負担を与えてしまいます。
なるべく短時間で済ませるようにし、長時間肌の上に洗顔料を乗せっ放しにしないようにしましょう。

洗顔方法を見直すだけで、肌の乾燥を軽減させる事が出来ると言われています。
洗顔は、する人のさじ加減1つで幾らでも変える事が出来ます。
肌に乾燥やトラブルを起こさせないように、自ら綺麗な肌を作り上げましょう。

保湿で困った!そんな時見たいマル秘情報♪