TOP > 保湿し過ぎたらニキビの原因になるの? > 保湿で肌改善、ニキビのできにくい肌に まとめ

保湿で肌改善、ニキビのできにくい肌に まとめ

保湿はなぜニキビ肌に大切なのでしょうか。
保湿すると肌が柔らかくなります。柔らかい肌には水分や美容成分が浸透しやすくなります。
しかし、肌は刺激を受けると外敵から身を守ろうとして厚く硬くなっていきます。
硬くなった角質層には水分も保湿成分も浸透しにくくなり、アクネ菌の繁殖に抵抗する力もなくなってニキビや肌荒れなどの原因に。
アクネ菌を石けんでゴシゴシ洗い流そうとしていた時代もありましたが、それは肌に刺激を与えてしまい逆効果になりかねませんのでおすすめできません。
現在は保湿で肌を柔らかく保ち健やかなターンオーバーを促すことがニキビ肌改善の近道だと考えられています。

今回は肌には優しいのにニキビに効果的なアクレケアを紹介しました。
アクレレアの保湿力はヒアルロン酸以上に効果的で、お肌がたまご肌になるのです。
それも、本当の卵から作った卵殻膜という新美白成分を使っているからです。
凸凹ニキビをケアしたい方はアクレケアを是非ご確認ください。