保湿化粧品 TOP >  保湿の悩みを解消します! >  保湿し過ぎたらニキビの原因になるの?

保湿のし過ぎはニキビ肌を招くの?

ニキビが繰り返し出来る25歳です。ニキビ跡も残ってしまい気になります。

ニキビができやすい肌には保湿が大切と聞いたので、化粧水も乳液もタップリつけているのですが、部分的にオイリーになり過ぎたり、潤いが足りなかったりしてしまいます。
最初はアゴだけだったニキビが、ここ最近おでこや頬にもニキビが広がって一層酷くなっているのですが、もしかしたら、保湿の方法に問題があって悪化しているのでしょうか。
保湿とニキビとの関係性とニキビ跡のケアについて教えてください。
ニキビとスキンケアについてお答えします。

まず、ニキビができやすい肌をケアするポイントを次に挙げますので参考にしてください。

①保湿化粧水で水分補給
ニキビ肌を改善させる為には、タップリの水分補給が大事です。表面は乾燥していなくても肌奥で乾燥しているニキビ肌を保湿化粧水等でケアすることは大切です。潤いが足りないと感じたら、化粧水自体が肌に合っていない場合もあります。そのような場合は1度違う化粧水に取り換えてみることも必要かと...。

②乳液やクリームは油分が多過ぎる場合がある
ニキビと相性が合わないのは、あくまで油分です。保湿成分ではありません。油分は、乳液やクリームに多く含まれていますので注意が必要です。
化粧水を付けた後には、蓋をする意味で必要と言われてきた乳液やクリームですが、最近は保湿成分の方に重点をおいています。ニキビ肌では油分の多い化粧品は避けてください。

③美容液選びが大切
保湿成分が多く含まれる美容液はニキビ肌さんにぴったりです。しかし、どれでもいいというわけではなく、ニキビ用の美容液を選んでください。最近はニキビを出来にくくすると同時に、ニキビ跡もリセットしてくれるような商品も販売されています。洗顔後すぐであれば化粧水もつける必要はありません。

つまり
化粧水→美容液(ニキビ専用)または、美容液のみ
というのがベストなニキビ肌さんのスキンケアです。ニキビ跡にも効果的な美容液もありますので、すでに赤みや凸凹(デコボコ)状、黒っぽいシミなどのニキビ跡がある方は使用をおすすめします。

保湿で今あるニキビもニキビ跡もケア

ニキビができるとニキビ跡が気になりますよね。ニキビが繰り返しできているうちに、ニキビ跡もどんどん増えていく負のスパイラルはどこかで断ち切らなければいけません。
しかも、ニキビ跡は赤みからでこぼこに、どんどん治りにくくなっていきます。

先に美容液だけのケアでいいんですよとお伝えしましたが、今あるニキビも、ニキビ跡も1本でケアできる美容液があります。

それは、ニキビにもっとも効果的な成分を配合しているから、美容液だけ使えばよいのです!

ニキビに効果的な保湿力を持った美容液は・・・こちらをクリック

ニキビのできにくい肌には保湿美容液「アクレケア」

ニキビ肌美容液「アクレケア」には、ニキビの撃退と予防によいとされる「甘草」の他、保湿力はなんとヒアルロン酸の10倍といわれる、「月下草エキス」を配合しています。
「月下草エキス」は肌をなめらかにして守るので、ニキビ跡でお肌がデコボコになっていても、目立たなくしてくれるでしょう。
その他にも、肌の生まれ変わりをサポートする「卵殻膜」や「ヒアルロン酸」、肌を整える「カモミラエキス」など、保湿力を上げる美容成分が使われていますので、ニキビが治った後のケアもこれ1本でOKなのです。

天然成分配合で低刺激のため乾燥肌、敏感肌の方にも長く使っていただける美容液です。

保湿力を上げデコボコ肌をケアできるアクレケアは・・・こちらをクリック

ザラザラ、ブツブツのひどい額をなんとかしたい!

3年くらい額のニキビに悩んでいました。
洗顔料をニキビ専用にしたり、シャンプーやリンスの流し残りがニキビの原因と聞いたので気を付けていましたがダメでした。人に見せられないほどブツブツで、外出が嫌になるくらい。
本当にひどいでしょう?
毛穴全部がニキビみたい。
肌全体が赤みを帯びて炎症起こしているのがわかります。

アクレケアでたまご肌を目指す!

「デコボコニキビ肌」が「ツルツルたまご肌」になるという「アクレケア美容液」をネットで知り、試してみることにしました。
この商品を選んだポイントは「合成香料、着色料、鉱物油、シリコン無添加」ということ、そして「植物由来成分」や「卵核膜」というナチュラル素材に惹かれました。


また、アクレケアは薬用なので、効能が書いてあります。 ニキビを防ぐと書いてあるということは、効果に期待が持てますよね。


このかわいいビンの中にどんな秘密が詰まっているのでしょうか。

トロトロの美容液。これは保湿力ありそうです♪

アクレケアの保湿成分が美肌に導いてくれた!

約二週間、朝晩の洗顔の後、アクレケアだけを使い続けました。まず、赤みがひいてきたので、そこにびっくりしました。洗顔後のつっぱりもなく、やさしく潤いベールで被われているって実感があります。
細かなブツブツはほとんど目立たなくなり、額が見えても大丈夫という自信が持てるようになりました。
たまご肌まであと少し、ターンオーバーの28日頃には...と期待が持てます。
赤みもだいぶ取れて、細かなブツブツも目立たなくなっています。
*使用感や効果には個人差があります。
アクレケアのニキビ美容液はコチラからご確認ください。

保湿で肌改善、ニキビのできにくい肌に まとめ

保湿はなぜニキビ肌に大切なのでしょうか。
保湿すると肌が柔らかくなります。柔らかい肌には水分や美容成分が浸透しやすくなります。
しかし、肌は刺激を受けると外敵から身を守ろうとして厚く硬くなっていきます。
硬くなった角質層には水分も保湿成分も浸透しにくくなり、アクネ菌の繁殖に抵抗する力もなくなってニキビや肌荒れなどの原因に。
アクネ菌を石けんでゴシゴシ洗い流そうとしていた時代もありましたが、それは肌に刺激を与えてしまい逆効果になりかねませんのでおすすめできません。
現在は保湿で肌を柔らかく保ち健やかなターンオーバーを促すことがニキビ肌改善の近道だと考えられています。

今回は肌には優しいのにニキビに効果的なアクレケアを紹介しました。
アクレレアの保湿力はヒアルロン酸以上に効果的で、お肌がたまご肌になるのです。
それも、本当の卵から作った卵殻膜という新美白成分を使っているからです。
凸凹ニキビをケアしたい方はアクレケアを是非ご確認ください。

保湿で困った!そんな時見たいマル秘情報♪